ティアウェルの文章置き場ですっ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< つれつれと、書籍批評〜秘密の花園〜 / main / つれつれと、書籍批評〜光ってみえるもの、あれは〜 >>
つれつれと、書籍批評〜ナラタージュ〜
評価:
島本 理生
角川書店
¥ 1,470
(2005-02-28)
ええと、これをブログのネタにしているサイトが
すごい多いんですが、ブームになっている本なんでしょうか?
たまたま図書館にあったのを、「へぇ〜、なんだか風情の在る表紙」
と思って借りてしまったので、何か、すごい数にびっくりしてしまいました。

星は3つですが、本当は3,5にしたかったです。

ありきたりな恋愛ものです。
そして、私の四角関係の定義がずれていなければ、四画関係のものです。
先生と生徒、同い年の友達を通して始まった付き合い、そして、夫と妻。
ただし、この作品には主人公の恋敵になる『妻』は、文章中殆ど登場しません。
私は、前半の小野君(主人公と同い年の友達を通し、主人公が知り合った男の子)
が既に壊れかけてる感じがしたので、彼が主人公と先生の恋に嫉妬して
壊れた時も『ああやっぱりなあ』としか、思いませんでした。
でも、今の私には、壊れる以前、健全さを繕って生活している
前半の小野君の方が、好きです。より人間らしく、共感を持てるというか。
現実的にしっかりしているのは、先生よりも小野君の方だと思います。
主人公が想う先生は、小野君より父性的で、どこか頼りなげな印象。
多分、私がもっと幼かった時だったら、ある種の大人具合に、
主人公と同じように、無条件にあこがれていたかもしれません。

前半がもたもたしてしまっていて、それが物凄く勿体無いです。
でも、中盤の終わりから終盤にかけての物語の流れは、
糸を引き絞っていくように、物凄い精密に書かれています。
まだまだ贅肉を削り取り、文章を洗練させていく事は、出来ると思けど。
私は、中盤、後半は一見の価値はある作品だと思います。

物語が始まる前の写真にぽつりと載った、
一番最初の言葉が、この物語のすべてを表しているかな。
それは、読んでみてのお楽しみ、です。

/ 16:25 / つれつれ批評 / comments(0) / - /
スポンサーサイト
/ 16:25 / - / - / - /
COMMENT