ティアウェルの文章置き場ですっ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< う〜ん。 / main / リネージュ、ファンフィクション、投票開始。 >>
つれつれと音楽批評〜HEART STATION〜
評価:
宇多田ヒカル
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
¥ 2,800
(2008-03-19)
表題作の『HEART STATION』が、一番好き。

何かをしている時に『HEART STATION』を聞くと、
ふっと我に返って、静かに音楽に耳をすませたくなります。

話はまったく変わってしまうのですが、
COCCOのアルバム『ザンサイアン』に収められている
『陽の照りながら雨の振る』という作品。
これを聞くと、私は『HEARAT STATION』を
聞いている時と同じ気持ちになります。

『陽の照りながら雨の振る』は、歌詞など全てを超えて、
色んな人たちが、様々な形で関わって来た人たちに送る、
『逢いたい』というメッセージが歌になったものです。

大事で、大切で、でも会う事が出来ない人に
『逢いたい』って気持ちを歌にしたのが『HEART STATION』です。
言葉は宇多田ヒカルの目線の言葉に直されているし、
メロディも『Stay Gold』のようにシンプルなものではありません。

でも、くっきりと、心の中にある気持ちの在り場所を教えます。
きっと『HEART STATION』という作品を作った動機は、
『逢いたい』という言葉を届けたい気持ち、一つ。
だからこそ、心に迫るものがあり。
聞く人に、何かを呼び起こすのでしょう。

正直、『First Love』の頃は、全てが共感できるものではなかった。
技術はあれど、伝えたい気持ちが伴っていない曲の方が多かった。
でも、彼女が培ってきた経験が、こんなにも、歌を成長させるのだなぁと。

これほどまでに明瞭に、自分の感じた事を
素直に表現できる事を、才能というのでしょう。

オススメです。
/ 14:17 / つれつれ批評 / comments(0) / - /
スポンサーサイト
/ 14:17 / - / - / - /
COMMENT